会費制が増えている|格調高い伝統的な神社挙式の魅力や費用を知ろう

ご祝儀制はもう古い?最近増えてる会費制結婚式

会費制の結婚式が増えている

これまで結婚式でご祝儀を渡す際は専用のご祝儀袋に入れるのが普通でした。ですが会費制の場合は受付にてご祝儀袋を使わずにそのままお金を渡す事になります。その他にも会費制とご祝儀制ですと様々な違いがあります。両方の事をよく知り自分に合った方を選びましょう。

会費制とご祝儀制は何が違うのか

なんで会費制の結婚式にする人が増えているの?

最近の傾向として自分とより近い人に祝って貰いたいというものが強く、ご祝儀制よりアットホームな雰囲気で楽しむことが出来ます。1次会と2次会の間の雰囲気という意味で1.5次会というスタイルもあります。またゲストの負担も半分位になることも選ばれる理由のひとつでしょう。

会費制はどの位の会費を払うの?

それぞれのプランにより多少変わりますが、基本的には食事の金額だけで済みます。その他の会場費やお菓子代、衣装代を新郎新婦が負担します。なのでご祝儀制よりも断然安くなり半数以上が5000円~10000円で収まります。

ご祝儀制とサービスの違いはあるの?

ご祝儀制の方は料理やドリンクが充実しており、引き出物などのサービスがあります。会費制だと引き出物が無かったり料理の種類が少なかったりしますが、掛かっている費用が少ないのでしょうが無いことだと言えます。

自分達が貰ったご祝儀より会費が安くて他に何かを送りたい時どうすればいいの?

ご祝儀制とは掛けている費用が違うので気にしなくてもいいです。どうしても気になってしまう場合は会費とは別に何かプレゼントを送るのもいいでしょう。その際は予め新郎新婦の自宅へ送りましょう。理由は当日プレゼントを渡さない方もいるので配慮の気持ちを込めましょう。

会費制が増えている

ウェディング

会費制はゲストの負担が少ない

ご祝儀制の披露宴だと大体の目安として30000円という金額が掛ります。ですが会費制の披露宴だと引き出物や引き菓子などが無い分ゲストの負担が少なくなります。おおまかな目安だと5000円~10000円程に抑えることが出来ます。またゲストがいくらご祝儀に包むか悩むことも無くなるので、そういった意味でも負担が減ると言えます。

好きな形で披露宴を行なえる

これまでのようなご祝儀制の披露宴だと、どうしても型にハマったような自由度の低い形になってしまいます。ですが会費制の披露宴は特に決められているものなどが無く、新郎新婦が自由にスケジュールやプログラムを組むことが出来ます。また他とは違うような披露宴をあげたいというカップルには会費制をおすすめします。

披露宴を少ない費用で行なえる

会費制の披露宴は、おおまかな費用をゲストから貰う会費で賄う事が出来ます。また引き出物などが無くなります。なので、これまでのように引き出物選びに時間を取られることも無くなるので、その分自分達の衣装選びなどに当てることが出来ます。お金も時間も余裕を持つことことが出来るでしょう。

広告募集中